白い参拝記 小林神社 【菖蒲町小林字京手】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林神社 【菖蒲町小林字京手】

■主祭神 : 菊理媛命・伊弉諾命・伊弉冉命
■創建 : 不詳

県道310号線沿い、小林小学校から北西に300メートル程の距離に鎮座。神社東側の路地から駐車できます。神社の前は免許センターへの近道として何度も通った頃がありましたが存在は知りませんでした。

st132_01tm.jpg
神社標識。ちなみに”こばやし”ではなく”おばやし”と読みます。

st132_02tm.jpg
神社入り口。境内は木が生い茂っています。

st132_03tm.jpg
二の鳥居。

st132_04tm.jpg
拝殿の周りも緑豊か。

『風土記稿』小林村の頁。
「客神明神社 元白山を勧請せしが いつの頃よりか 客人神に祀りかえしと云 是も妙福寺持なり」

小林は昔から大字がなく、小字の集まりが一村を形成していた。大きくみて数えても、13もの小字が存在している。その殆どの字が字の実情にふさわしい神を勧請して経営してきた。
そして氏神的な親近感をもって崇敬していた。祭祀は神社特有の日取りもあるが農閑期の月にあて、氏子中が集い一日楽しく過ごした。これにより廓の絆もおのずと結ばれた。
しかし規模は小さく崇敬奉仕に欠けることはなくても、その尊厳を保持するまでには至らず明治39年の勅令に該当していた。そこで合祀委員を各社から選出。合祀に向け発足した。

その後、大正2年2月20日に合祀の許可を得て3月8日に合祀祭典を行いました。

もともとこの地に鎮座していた白山神社に八幡神社・天神社・大六天神社・三上神社・雷電神社・本宮神社・稲荷神社・妙見神社・稲荷神社・水神社・愛宕神社・平野神社・八雲神社の計14社を合祀し、小林神社と改めたという事です。


参考 : 『菖蒲町の神社』/菖蒲町教育委員会

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。