白い参拝記 香取神社 【大林字西耕地】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香取神社 【大林字西耕地】

東武伊勢崎線『北越谷駅』東側を走る県道325を1キロ程北上、セブンイレブン脇の道を西に向かうとすぐに鎮座しています。神社の北側に多少の駐車スペースはあります。ここは宮内庁鴨場のすぐ北側ですね。合祀された白山神社は鴨場の東側、大林寺の北隣にあったそうで、地図を見ると現在駐車場になっているようです。

st68_01tm.jpg
神社入り口。

st68_02tm.jpg
拝殿。

st68_03tm.jpg
境内社。左から、稲荷社、大神宮社、白山社。

st68_04tm.jpg
白山社アップ。

創建の年代は明らかでないが、日光街道の整備が進められた江戸初期には既にこの街道沿いに祀られていたと考えられる。『風土記稿』大林村の頁には、「香取明神社 村の鎮守にて、万蔵寺の持 末社天神」と記されている。
(中略)
明治初年の神仏分離を経て、当社は明治6年に村社となった。その後、同40年に大字大林字西耕地の神明社と白山社の2社の無格社を境内に合祀した。


参考 : 『埼玉の神社』

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。