白い参拝記 諏訪神社 【小前田字諏訪】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諏訪神社 【小前田字諏訪】

■主祭神 : 建御名方命・八坂刀売命・大国主命
■創建 : 応和3年(963)

秩父鉄道『小前田駅』北西200メートル程の場所に鎮座。隣接の社務所に駐車させて頂き参拝。道が狭いので大型車は通れないかもしれません。

st119_01tm.jpg
神社入り口。

st119_02tm.jpg
鳥居をくぐり北を向くと社殿があります。

st119_03tm.jpg
神社名額。

st119_04tm.jpg
本殿の西側に白山神社。

st119_05tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

当社は、小前田の西部の、街道から少し入った「庚塚」と呼ばれる所に、民家に囲まれて鎮座している。
桓武天皇の御代、坂上田村麻呂の蝦夷征討に際し、当地から徴募された軍士の中には、彼地に永住するものもあった。その子孫が、応和3年(963)、同族と共に当国に戻り、安住するに当り、塚を築き、その上に自ら信仰する諏訪の神を祀ったのが、その始まりであるという。


参考 : 『埼玉の神社』


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。