白い参拝記 雷電神社 【御正新田字上宿道南】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷電神社 【御正新田字上宿道南】

■主祭神 : 賀茂別雷大神
■創建 : 元和元年(1615)

旧大里郡江南町。

県道81号「成沢」交差点を東南東へ700メートル行き、南側へ路地を100メートルほど進むと鎮座しています。「御正新田生活改善センター」併設で、センター脇に駐車して参拝。

st114_01tm.jpg
神社入り口。

st114_02tm.jpg
拝殿。

st114_03tm.jpg
末社社殿。左から、天神社・笹稲荷社・皇太社・白山社・山神社。

st114_04tm.jpg
皇太社・白山社

st114_05tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

当社の創建は、村の開発が進められる中で行われた。口碑によると、慶長年間に干ばつがこの地を襲い、村人は困窮した。このため、京都の加茂別雷神社(上賀茂神社)に降雨を祈願したところ、たちどころに神威が現れた。歓喜した村人は、元和元年に同社に代参を立て、分霊を奉戴して帰郷し、この地に奉斎したという。
『風土記稿』には「雷電社 村の鎮守、村持」とある。明治7年に村社となり、同40年には字上原の山神社と字北内手の粟島神社、翌41年には字大坂の白山神社と字天神山の笹稲荷社をそれぞれ合祀した。


参考 : 『埼玉の神社』




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。