白い参拝記 白髮白山神社 【岩沢字宮ノ西】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白髮白山神社 【岩沢字宮ノ西】

■主祭神 : 白髪武広国押稚日本根子命・韓姫命・白山菊理姫命
■創建 : 霊亀2年(716年)


国道299号、入間市野田との境界付近のファミリーマート脇の路地を北北西400メートルほど進むと鎮座しています。神社は西武線の線路に面しています。駐車スペースは無いのでファミリーマートで買い物がてら参拝。

地図によって白髪神社とか白山神社と表記が違いますが、実際には両方祀られています。

st64_01tm.jpg
神社入り口。「村社白髮白山神社」とあります。

st64_02tm.jpg
拝殿。

st64_03tm.jpg
骨太で特徴的な狛犬。

st64_04tm.jpg
拝殿から境内を見渡す。神社前は西武池袋線の線路。

st64_05tm.jpg
神社案内板。

社名は『風土記稿』に、白髪白山唐土明神合社とあり、祭神は白髪武広国押稚日本子命・韓姫命・白山姫命である。創建と伝える霊亀2年は『續日本紀』五月の条に「駿河・甲斐・相模・上総・下総・常陸・下野七国の高麗人1799人を以って、武蔵国に遷し、高麗郡を置く」とある年に当たり、当社は、この高麗郡に含まれている。高麗郡の中央は現日高町で、高麗神社がある。同社は高麗王若光を祀ると伝え、白髮明神とも号した。しかし、この祭神若光王は、王が没した後に祀られたもので、入植時に祀った神は高麗一族の氏神である唐土大神であったと思われるが、いずれにしても、当地に伝わる「高麗人白鬚明神を28箇所に祀る」との関係が考えられる。



日高市の高麗神社を初め、飯能や入間にもシラヒゲ神社は多く見られ、高句麗からの渡来人の信仰を受けていたのは分かりますが、なぜ白山神社も並んで祀られているのでしょうか。不思議です。


参考 : 『埼玉の神社』

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。