白い参拝記 赤井氷川神社 【赤井字台】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤井氷川神社 【赤井字台】

■主祭神 : 素盞嗚尊
■創建 : 不詳

県道58号「赤井2丁目」交差点を北東方面に600メートル程行った場所に鎮座。大きい神社で駐車場も併設。

st73_01tm.jpg
神社入り口。


st73_02tm.jpg
参道をまっすぐ行き、石段を登ると、拝殿。


st73_03tm.jpg
拝殿向かって左側に末摂社殿。左から古峰、榛名、天満・赤前、稲荷、三峯、大山阿夫利。


st73_04tm.jpg
白山神社は石段の下にポツンと鎮座。


st73_05tm.jpg
中をのぞくと白山大権現と書かれた石の額。合祀前は首都高の向こう側、前野宿にあったそうです。


当社は化政期の『風土記稿』に「飛鳥山権現社 春日白山の二座を合祀す、村の鎮守なり、聖動院持、末社、天神社」と見え、当時は飛鳥山権現社と称していた。社蔵の寛文九年(1669)の棟札には「飛鳥白山神明三社」と見え、「別当明音寺」が社務を司っていたようである。その後、弘化元年(1844)に名主の平野家が大宮より氷川大明神を分祀し社名を氷川社と改めたと伝える。
(中略)
主祭神は素盞嗚尊で、明治40年の合祀により天照大御神(字谷下の神明社)・倉稲魂命(字谷田の稲荷社)・菊理姫尊・伊弉諾尊・伊弉冉尊(大字前野宿字上野の白山神社)が合祀神として祀られている


また、前野宿では現在でも白山神社を祀っているそうですが、それらしき社は見つけられませんでした。


参考 : 『埼玉の神社』


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

独立した村でしたね。

No title

前野宿の白山と関係あるかわかりませんが、前野宿の東となりの若宮、貝塚のすこし東に、峯が岡八幡宮があり、白山も合祀されていたと思います。
前野宿に伝わる奇祭シャゲシャゲの説明看板も八幡にありました。

ありがとうございます

神社の立派な公式サイトもありました。そこにも境内社の白山社の記載もありました。奇祭、気になります。前野宿はまた行ってみようと思っていたので八幡宮にも寄ってみようと思います。

No title

前野宿の白山神社は古地図にはそれらしいものが載っています。 
http://ktgis.net/kjmapw/kjmapw.html?lat=35.83431478344634&lng=139.76119252082128&zoom=16&dataset=tokyo50&age=0&map1type=roadmap&map2type=roadmap&dual=true&mapOpacity=10&altitudeOpacity=4
現在の場所あたりにはゲートボール場や小さな緑地がありますがそこがそうなのかは確認できません。
なお、前野宿町会の会則には事業として白山神社跡の維持運営管理が書かれています。 

第3章  事     業
第 5 条 本会は第2条の目的を達するため次の事業を行う。
  白山神社跡および町会々館の維持運営管理 
http://www.fureai-net.jp/jichikai/saitama/kawaguchi/maenosyuku/kaisoku.html

Re: No title

情報ありがとうございます。

以前この辺りを訪れた時、確かにゲートボール場を見かけました。
神社の名残は感じられませんでしたが、『白山神社跡』と名前を残していると言う事は周辺住民の方は合祀後も祭りを続けているかもしれませんね。

No title

県道34号線新郷支所北付近の東本郷氷川神社も菊理媛(白山比咩)が合祀されています。

弾左衛門とは関係無いかもしれませんが(この辺りはなんとなく中世の修験道の流行の名残りを感じるので)、曹洞宗の寺院も多いのでそちらでは白山権現が守護神となっています。
本蓮の昌福寺、東本郷の傑伝寺、隣の旧安行村地区になりますが、安行吉岡の金剛寺があります。

その他川口市内の神社では東浦和付近の木曽呂の朝日神社と柳崎の氷川神社で白山社が合祀されています。

Re: No title

この辺りの寺院に関してはノーチェックでしたので情報ありがとうございました。

東本郷氷川神社も全く知りませんでした。川口はあまり白山があるイメージがありませんでしたが
実は結構ありますね。

あと、新編武蔵風土記稿や郡村誌の木曾呂村のページに白山神社の記載がありましたが
それが朝日神社に合祀されたのでしょうね。
相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。