白い参拝記 白山神社 【大久野字新井】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【大久野字新井】

■主祭神 : 伊弉諾之命 菊理比売命 大己貴命
■創建 :天長元年(824)

県道31号(秋川街道)沿いにある大久野小学校から東に300メートル程の距離にある山道を登ると鎮座しています。鳥居脇に駐車が出来そうです。
車で行けるルートがあるとは知らず、ここから900メートル北西に行ったもう一つの入り口から参拝。ここは車での進入は不可能で山道を15分程登る必要があります。本来はこちら本来の参道のようですが山登りが趣味で無い限りオススメできません。足が途中でガタガタになります(笑

tk24_01tm.jpg
神社入り口の案内。

tk24_02tm.jpg
入口を少し行くと鳥居が見えてきます。

tk24_03tm.jpg
石段を登ります。登っても登っても拝殿は見えてみません。

tk24_04tm.jpg
ひたすら登る。普段運動不足なのに駆け上がっていた為、途中で膝が笑い始める。

tk24_05tm.jpg
途中何度も引き返そうかと思いながら登るとようやく本当に入口が見えてきて一安心。しかも脇に民家があり、舗装された道があって車で来れる事を知り、ショックを受けるw

tk24_06tm.jpg
平成19年5月に再建された新しい拝殿。

tk24_07tm.jpg
境内社。

tk24_08tm.jpg
再建記念碑に刻まれた由緒。一部引用。
当社は天長元年(西暦824年)加賀の国白山比咩大神の分神として菊理姫命を本座として伊弉諾尊大己貴命の二座を配祀している
現在の本殿は嘉永3年(1850年)の造営にて昭和50年保護維持の為本殿覆屋を建設した 拝殿は明治時代の建築にて既に百有余年が過ぎ老朽化が進み憂慮されるに至りここに幣殿拝殿建替を氏子崇敬者多くの方々の厚いご支援をいただき又携わる工匠の方達の誠意あふれる精進をいただき立派に完成した


『風土記稿』大久野村より。
白山社 除地六段二畝二十五歩 新井にあり 本社は六尺四方 まへに拝殿あり 祭神菊理姫命は木の坐像にて 長三寸あまり 伊弉諾命 大己貴命二座を祀す 本地十一面観音の像を鋳出したる銅鏡一枚を置く
(中略)
薬師堂 新井の内東谷戸にあり
 
最初の写真の入口近くに「新井薬師」という薬師堂があるのですが、帰りに寄ろうと思っていたけれど疲れて忘れてしまいました・・・。

参考 :
『新編武蔵風土記稿』
東京神社庁Webサイト


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。