白い参拝記 香取神社 【山崎字北山】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香取神社 【山崎字北山】

■主祭神 : 経津主命
■創建 : 不詳

東武野田線『梅郷駅』西側300メートル程にある南部小学校敷地内に鎮座。鳥居前に駐車スペースありです。

cb07_01tm.jpg
小学校の敷地にそこそこ大きな神社とは珍しい感じがします。鳥居の向こうには校舎が見えます。

cb07_02tm.jpg
鳥居をくぐり、参道ではなく校庭を歩くと神社があります。

cb07_03tm.jpg
拝殿。

cb07_04tm.jpg
本殿。本殿の裏はすぐに校舎です。

cb07_05tm.jpg
末社群。白山神社はどれだか分かりませんでした。合祀記念碑の裏には「大正十三年十一月十三日 梅郷村山崎氏子中」

創建は明かでないが。手水鉢の刻銘に「正徳三癸巳(1713)十一月吉日、願主鈴木仁兵衛」とあり、また「享保十一年秋八月(1726)一品公寛親王の筆になると称する正一位香取大明神の額、奥の院に蔵す」と「東葛飾郡誌」に記するところから、徳川家康から旧山崎村が、城主岡部長盛の封地として賜った後、いくばくもなく宿の住民が奉祀したものであろう。また大正13年に、天神社・八幡神社・八坂神社・熊野神社・稲荷神社・浅間神社・白山神社の7社が同時に合併された。


参考 : 『千葉県神社名鑑』/千葉県神社名鑑刊行委員会編(1987)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。