白い参拝記 白山神社 【次木】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【次木】

旧東葛飾郡関宿町。

流山街道沿い、江戸川に架かる宝珠花橋付近のセブンイレブンから南東へ200メートル程の住宅地に鎮座。

細い路地の間で、民家と民家の隙間に鎮座しているので見つけるのは若干難しいかもしれません。車での参拝は無理です。社殿は小ぶりですが社殿を隠す程の大きなご神木や立派な石碑を見るともともと大きな神社だったのかもしれません。

cb04_01tm.jpg
神社入り口。

cb04_02tm.jpg
拝殿。

cb04_03tm.jpg
白山神社新築記念碑

鎮守白山神社の由緒は記録伝承に乏しくつまびらかではないが往昔加賀白山より御分霊を勧請したものといわれる 加賀白山の御祭神は菊理姫尊(白山比咩大神)伊弉諾尊 伊弉冉尊の三柱である 昔人々にとって恐ろしきは旱魃悪疫であった この災いから免かれるためにただ神々のご加護に頼るほかに術がなかった 「いのち」の親白山比咩大神を加賀白山より勧請し平安を願った所以である 爾来幾星霜 年月の経過と共に社殿の朽損いちじるしく祭事の斉行に支障を来すに至る
昭和五十五年発起人会設立 昭和五十六年常任建設委員選出 ここに氏子三十一戸相議り社殿の新築を決定する
昭和五十九年六月二十四日地鎮祭 同年七月二十二日上棟 同年九月三十日落城 けだし いのちの親神を仰ぎ奉る白山比咩大神は氏子の平安家運隆盛五穀豊穣を護り給う ここに神恩奉賽の誠を捧げ氏子一同のとこしえの弥栄を祈念すべく昭和五十九年十月加賀白山に詣で改めて御分霊を奉戴す

昭和五十九年十一月吉日

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。