白い参拝記 白山神社 【布川字谷原】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【布川字谷原】

■主祭神 : 伊弉冉命
■創建 :享保2年(1717)

利根町役場を東方面に800メートル程行くとヤオコーやマツキヨのある交差点があります。そこの新しい道を南側に進み、池のある公園を過ぎたあたりで東に行くと鎮座しています。(分かりにくい説明ですが、実際行くと本当に分かりにくい)

この日は役場の駐車場をお借りして自転車で参拝しました。

ib05_01tm.jpg
神社全体像。小さな神社です。

ib05_02tm.jpg
鳥居。

ib05_03tm.jpg
拝殿。小ぶりですが、とても大切に祀られています。


■ おまけ
白山神社から北西に2キロ程、押上新田にある「鶴殺し山」と呼ばれる処刑場跡付近にも寄りました。延宝5年に鈴木佐左衛門という男が病気の妻の為に鶴を捕まえて食べさせた為、家族10人が打ち首になった事件があったのでその名がつきました。

事件に関してはこちらのサイトに詳しいです。

佐左衛門を供養する為に作られた「泪塚」。
ib05_04tm.jpg

ib05_05tm.jpg

ib05_06tm.jpg
文化元年にここを訪れた一茶が残した句。

ib05_07tm.jpg
処刑場があったであろう辺りは今は田んぼになっているようで名残はありません。

参考 : 『茨城県神社誌』/茨城県神社誌編纂委員会編(1973)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。