白い参拝記 白山神社 【板戸井 (東板戸井)】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【板戸井 (東板戸井)】

板戸井は鬼怒川で東西に別れていて、ここは東側、東板戸井という名の地区。江戸時代に人工的に川の流れを変えた為に東西に別れてしまったそう。白山神社は守谷高校の東側の住宅地の陰に鎮座。

ib08_01tm.jpg
今にも忘れ去られそうな佇まい。小さく、かなり寂れています。

ib08_02tm.jpg
近くから覗いてみる。

ib08_03tm.jpg
神社から南側は窪地になっていて、元々は地区の高台に鎮座するような形だったのかもしれません。


■ おまけ ■
神社から西に1キロ、利根川と鬼怒川の合流地点の逆三角地帯、「大木流作」と呼ばれる旧満州引揚者村。県道58号沿いの入口に鎮座する香取神社から合流地点まで約2.5キロの距離があります。そこをひたすら自転車で南下しました。

ib08_05tm.jpg
牧場と田んぼだけが広がり、夕暮れ時刻の為、人の気配がせず静かでした。時折、牛の鳴き声が聞こえる位です。

ib08_06tm.jpg
現在、水害が懸念される為に住民は周辺に移住し、人は住んでいません。牧場は戦後、この地に入植した満州からの引揚者で結成された大八洲開拓団が開拓、経営をしています。

ib08_04tm.jpg
土手の終了地点。

ib08_07tm.jpg
ギリギリまで合流地点に近づきます。向かって左が鬼怒川、右が利根川。写真では伝わりにくいですが”水が迫る”感じで迫力があります。大雨の時は凄まじい光景が見られる事でしょう。下流に常磐自動車道が走る利根川橋とTXの鉄橋が見えます。

因みにこの地点で自転車のタイヤがパンクし、日が暮れて真っ暗な中、泣きそうになりながら2.5キロの道のりを自転車を押して帰りました。人気も明かりも無く、この時は8月でしたが寒さすら感じました。ちょっとトラウマ・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。