白い参拝記 白山神社 【小文間字戸田井】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【小文間字戸田井】

■主祭神 : 伊弉諾命
■創建 : 不詳

利根川と小貝川の合流地点にある取手松陽高校の北側にある森の中に鎮座。県道11号線沿いですが、通りからは全く見えません。車一台ギリギリ通れるような小道を行かなければなりません。

とくに僻地にある訳でもないのに生い茂った森の中に鎮座する為、秘境にある神社の様な佇まい。妙な迫力があります。

ib12_01tm.jpg
神社入り口。

ib12_03tm.jpg
少し急な石段を登る。

ib12_02tm.jpg
拝殿。

ib12_04tm.jpg
境内社、天満宮。

ib12_05tm.jpg
境内には新四国相馬八十八ヵ所霊場の十六番と六十四番があります。

ib12_06tm.jpg
案内板。
「抑々、當山は東谷寺末として享保7年(1722年)東谷寺中興開山第一世祐賢の室永信により中村家一族の菩提寺として開山され水白山西光院と号し、白山神社を鎮守となす。」とあります。その後神仏分離により東谷寺より独立しました。

創建年月不詳。明治6年5月村社に列格、同42年4月天満神社合併。昭和27年9月20日宗教法人設立。


参考 : 『茨城県神社誌』/茨城県神社誌編纂委員会編(1973)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。