白い参拝記 西浦神社 【西浦町字五反田】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西浦神社 【西浦町字五反田】

■主祭神 : 白山姫命
■創建 : 朱雀天皇時(930~946)

三毳山の西側、東北自動車道沿いに鎮座。高速と並走する小道の行き止まりにあります。駐車スペースは無いですが交通量は殆どないので行き止まり手前に駐車して素早く参拝すれば大丈夫そうです。自分は車で来れるとは思わなかったので『道の駅みかも』から自転車で来てしまいました。

元々白山神社だったようですが、いつ頃名前が変更になったかは不明。1964年の『栃木県神社誌』には白山(しらやま)神社と載っています。

tg19_01tm.jpg
神社入り口。

tg19_02tm.jpg
鳥居は昭和2年4月建立なのでかつては白山神社の額が架かっていたのでしょう。

tg19_03tm.jpg
拝殿。

tg19_04tm.jpg
拝殿の中を覗いてみる。

tg19_05tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

往昔、朱雀天皇の御代に勧請したと伝える。社地五反歩を国司田原氏より除せられた後に、後水尾天皇の元和元年(1615)に永井信濃守尚政の采邑となり、社地は旧に復して新たに中田一反五畝一六歩・下田五畝一六歩を祀田として増除され、将来修理および祭祀の用費にあてられた。寛永元年(1624)に神殿および拝殿を再建した。


参考 : 『栃木県神社誌』/栃木県神社庁(2006)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。