白い参拝記 白山神社 【堀込町】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【堀込町】

■主祭神 : 伊邪那美命 伊邪那岐命
■創建 : 寛永12(1635)年

国道50号「堀込交差点」付近を北に700メートル程に鎮座。駐車場併設です。

tg05_01tm.jpg
神社入り口。

tg05_02tm.jpg
鳥居を二つくぐると拝殿があります。

tg05_03tm.jpg
拝殿の中を覗いてみる。額には「正一位白山大権現」。

tg05_04tm.jpg
末社群。

tg05_05tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

当地は渡良瀬川の氾濫流域に位置していたが、江戸時代初期に開発が進み、寛永12(1635)年、村民が加賀国白山比神社より白山権現を勧請した。神仏分離令で白山大権現から現社名に改称。明治40年、神饌幣帛料供進神社に指定された。同年、無格社厳島神社二社・琴平神社・天満宮・八幡宮・大天伯神社を合祀。同42年、稲荷神社を合祀した。


参考 : 『栃木県神社誌』/栃木県神社庁(2006)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。