白い参拝記 白山神社 【逆面町】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【逆面町】

■主祭神 : 菊理姫命
■創建 : 不詳

旧河内郡河内町。

中里町の白山神社から県道を2キロちょっと南下し、逆面交差点を西に200メートル程行くと鎮座しています。冬室~中里~高松~逆面と山田川近くに3,4キロ程の距離でほぼ一列に白山神社が並んでいるのは偶然ではないような気がします。この地の白山信仰の強さを感じることができます。鳥居脇に若干の駐車スペースがあります。


tg25_01tm.jpg
神社入り口。

tg25_02tm.jpg
鳥居をくぐるとすぐに白山比咩神社参拝記念碑。

tg25_03tm.jpg
雰囲気のある参道。

tg25_04tm.jpg
参道の途中にお堂があります。別当寺の跡でしょうか。

tg25_05tm.jpg
お地蔵様の首がありません。劣化の為か廃仏毀釈の為か。

tg25_06tm.jpg
拝殿入口。

tg25_07tm.jpg
石段脇に末摂社。

tg25_08tm.jpg
末摂社の中の金精様のインパクトに目を奪われます。ここから5キロ程の距離の宇都宮市徳次郎にある「性神の館」という秘宝館に全国のこう言った性神を調査した展示がありましたが、この金精様に関しての展示があったか見落としていました。また機会があったらまた行ってみようと思います。

tg25_09tm.jpg
拝殿入口?拝殿が二階建て?神楽殿も兼ねてる?でしかも石段の上は塞がっている。一体どういう造りなのだ?

tg25_10tm.jpg
その裏に本殿があります。

tg25_11tm.jpg
本殿にかかる案内板。
豊城入彦命は毛野氏の開祖、つまり栃木・群馬のルーツとも言える人物ですね。その加賀出身の従者がこの地で白山神社を祀ったとの事です。この辺りに白山神社が多いのはそういう訳だったんですね。


崇神天皇の第一皇子豊城入彦命は、多くの将兵と千人の従者を率いて、宇都宮に下向され、上野国・下野国を統治された。従者は各地で集落を作り、農耕を始めた。加賀から来た人たちは郷里の一の宮、白山比咩神社を祀って鎮守の社とした。東方に鐘沼弁財天の碑と、西方に逆面周防守の娘千鶴姫ゆかりの逆井戸碑がある。



参考 : 『栃木県神社誌』/栃木県神社庁(2006)


■おまけ
上記で触れた徳次郎の「性神の館」。
tg25_12tm.jpg
入場料千円を払うと御主人の変態口調での面白おかしい展示物の解説を聞く事ができるのでオススメ。10年前にも一度来ましたが全然変わってませんでしたw
一緒に解説を聞いていたお兄さんは関西弁で、駐車場に、なにわナンバーの車が。随分遠い所から来たものです。

tg25_13tm.jpg
館内に鎮座する金精様。沢山の木製の珍棒が祀られています。

tg25_14tm.jpg
この様な感じで性に関する神様の資料が数多く展示されています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。