白い参拝記 白山神社 【中里町】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【中里町】

■主祭神 : 伊弉諾命 伊弉冉尊
■創建 : 天長2(825)年3月

旧河内郡上河内町。

冬室の白山神社から南へ1.2キロ程、同じく県道を西側に進むと集落の真ん中に鎮座しています。駐車するスペースは近辺には無いようです。

tg23_01tm.jpg
神社入り口。竹に囲まれた素敵な参道。

tg23_02tm.jpg
拝殿。

tg23_03tm.jpg
拝殿を斜め前から。

tg23_04tm.jpg
拝殿から境内を眺める。銀杏の葉で境内が輝いています。

tg23_05tm.jpg
神社案内板。


第53代淳和天皇の御宇、天長2(825)年3月の勧請である。その後、延喜12(912)年、鎮守府将軍藤原利仁が勅命を賜り、当国に下向、高座山の賊蔵宗・蔵安を追討するとき、当社に戦勝を祈り、各霊境とともに崇敬あり。社殿宏荘。華表等があり、杉樹林園にして、やや深遠の趣きがある。


参考 : 『栃木県神社誌』/栃木県神社庁(2006)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。