白い参拝記 白山神社 【千村平代】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【千村平代】

■主祭神 : 伊邪那美命・菊理姫命
■創建 : 不詳

小田急小田原線『渋沢駅』から南西2キロ程、泉蔵寺というお寺と老人ホームの南側に鎮座。神社前に1台位なら駐車できました。

kn08_01tm.jpg
周りを大きな杉の周りに囲まれ、古い社殿も相まって荘厳な雰囲気をかもしだしています。

kn08_02tm.jpg
鳥居脇の大杉は秦野市指定の天然記念物。

kn08_03tm.jpg
拝殿。

kn08_05tm.jpg
神社名額。

kn08_04tm.jpg
境内社、天神社・八幡社・金毘羅社。

kn08_06tm.jpg
拝殿から境内を見渡す。

この社の成立年代については、未だ明らかではないが、千村郷(北条役帳には知村とあり)の鎮守である、春日作と伝える木像をもって神体とし、神仏混淆の時代には行基たる十一面観音を木像神体の傍らに安鎮していた事が知られ当時曹洞宗万年山と号する泉蔵寺別当として存したことがある。
なお、末社に天神八幡金毘羅を祭祀し、現在これらの三社は末社一棟の中に合祀されている。その外に日枝社を末社として祭祀している。


参考: 『神奈川県神社誌』/神奈川県神社庁


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。