白い参拝記 魚沼香取神社 【魚沼字堤内耕地】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚沼香取神社 【魚沼字堤内耕地】

県道80号、中川を渡る「新開橋」脇の路地を中川沿いに800メートル程西に進むと鎮座。駐車場が無いので神社前に駐車し素早く参拝。

st104_01tm.jpg
神社入り口。

st104_02tm.jpg
拝殿。

st104_03tm.jpg
末社・庚申塔など。

st104_04tm.jpg
境内社、「白山様」と呼ばれ虫歯の神様として信仰されている雷電社。

『明細帳』に、当社は「寛永3年正月設立」とあるが確証は無い。正保年間に魚沼村と称していることから、村鎮守として祀られたのはこのころであろう。
(中略)
明治7年7月、村社となりどう43年3月に同字香取谷耕地の香取社を合祀し、翌44年3月に道字堤内耕地の稲荷社、坂下耕地の稲荷社を合祀した。ただし、この合祀には無理があった様子で、香取谷耕地(東組)の香取社は合祀を行った事実はないとして、現在も東組において祭祀が続けられている。

信仰についてこんな記述があります。
境内末社の雷電宮を氏子は「白山様」と呼んで、昔から虫歯の神様として信仰し、社前に備えてある楊枝を借りてきて虫歯を撫で、治ると二本にして返したという。
雷電社なのに白山様と呼び、なおかつ歯の神様として信仰しています。もともとこの雷電社は白山神社であったのか?とも思いましたが、杉戸本郷の雷電神社も境内社に白山社がある為に虫歯を治す雷電社として信仰を集めています。杉戸からもそれほど遠くないのでこの白山様の雷電社は本郷雷電神社から虫歯に効く神様として分祀してきてたのでは?とも考えられます。


参考 : 『埼玉の神社』


□■ おまけ ■□
香取神社からは数キロ離れた町内某所にある某プロゴルファーの個人練習場。パットやアプローチが出来るコースでバンカーや立派な芝も整備されてます。スポンサーの看板まで付いてます。
防犯設備もしっかりしているようですが中で少年がサッカーをしていました。良いのでしょうか(笑
ここなら私有地なので無免許でも運転の練習が出来そうですね!

st104_05tm.jpg

st104_06tm.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白山様
奇遇ですw

いつもありがとうございます♪
ゴチになっております♪

わざわざありがとうございます。
まだあるみたいだけれど、とりあえず埼玉はこれで終了です。
気が向いたら追加するかも・・・?
相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。