白い参拝記 雷電神社 【中里字深田】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷電神社 【中里字深田】

国道254号沿いにある「みさと保育園」隣に鎮座。神社西側の駐車スペースをお借りしました。国道側から行くと民家の敷地ではないかと言う場所を通るので保育園側から参拝した方が良いかもしれません。

st125_01tm.jpg
神社入り口。

st125_02tm.jpg
拝殿。

st125_03tm.jpg
合社殿。向かって左から神明社・白山社・菅原社・愛宕社・稲荷社・諏訪社。

st125_04tm.jpg
その中の白山社。

st125_05tm.jpg
拝殿から境内を見渡す。

当社は、征夷大将軍坂上田村麻呂がこの地に至った時、激しい雷に遭遇し、これを鎮めるために雷電三社を祀ったことに始まると伝えられる。ここでいう雷電三社とは、猪俣の東大澤神社(旧雷電社)・雷電神社(当社)・甘粕の甘粕神社(旧雷電社)の三社の事で、この三つの神社は国道254号の天神橋を中心とした三角形を形作る。
(中略)
『風土記稿』中里村の項では「愛宕社 村の鎮守なり、満正寺持、下同じ、○諏訪社○雷電社○天神社 村民持、下同じ○稲荷社」とあるように、江戸期は愛宕社が村の鎮守であったが、明治初年の社格規定に際しては当社が中里村の村社とされた。更に、愛宕社も含め、当社以外の神社はいずれも小規模であったため、明治41年に政府の合祀政策に従ってこれらの諸社の大半は当社の境内に移された。


参考 : 『埼玉の神社』

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。