白い参拝記 白山神社 【増尾字中条】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【増尾字中条】

■主祭神 : 菊理媛命・伊弉諾命・伊弉冉命
■創建 : 建治2年(1268)

東武東上線『小川町駅』から南西に700メートル程、県道11号沿いに鎮座しています。駐車場併設です。

st58_01tm.jpg
神社入り口。秋祭りの最中でした。(ちなみに去年の10月)

st58_02tm.jpg
鳥居をくぐると、急な石段。

st58_03tm.jpg
石段が急で境内が狭いため、拝殿の写真が少し撮りづらい。

st58_04tm.jpg
拝殿の中を覗いてみる。

st58_05tm.jpg
境内社、八坂神社。

st58_06tm.jpg
隣接する、別当の長昌寺。

当社の創建は建治2年(1268)に円了禅師が加州(加賀国)白山権現を禅宗擁護の霊神として遷したと伝える。『風土記稿』にも「白山社 建治2年大塚村大梅寺の開山円了の勧請とといへり、今も大梅寺にて社務を司どれり」と記している。当社の管理を行っていた大梅寺は曹洞宗の寺院で、入間郡竜ヶ谷村(現・越生町)の竜隠寺の末社であり、同じく建治2年に後深草院の第三子・梅皇子(守邦親王)が草創したと伝えている。社記には別当を長昌寺と記しており、当社の東側に隣接して建てられている。
(中略)
明治3年に神仏分離政策により、当社は同寺の管理から離れた。


参考 : 『埼玉の神社』

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。