白い参拝記 白山大権現 【権現堂】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山大権現 【権現堂】

幸手警察署から北西に200メートルにある「権現堂集落農業センター」内に鎮座。小さい祠の神社ですが、桜の名所として有名である”権現堂”の地名の元となった権現三社のうちの一つです。

st89_01tm.jpg
農業センターと共同墓地の間に小さい鳥居と祠。

st89_02tm.jpg
境内には御嶽神社や庚申塔。

st89_03tm.jpg
神社脇に「マリア地蔵」も鎮座。この地に隠れキリシタンの信仰があった証拠ですね。

st89_04tm.jpg
こっそりと錫杖には十字架が刻まれています。

st89_05tm.jpg
マリア地蔵案内板。

『風土記稿』の権現堂村の頁に、「村内に熊野若宮白山の権現を合祀せし舊社あれは 此村名起これりと云」。また熊野若宮白山権現合社の項目には「村の鎮守なり 正智院持 この社 古大社にて村名の起りしと云も此権現三社なり」

現在、熊野神社は北西700メートル、若宮八幡宮は西南西300メートルの位置にバラバラに鎮座しています。別れて祀られている経緯は不明です。合祀された神社がまた元に戻ったのでしょうか?


参考 : 『新編武蔵風土記稿』

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。