白い参拝記 白山神社 【赤尾字雲谷】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【赤尾字雲谷】

■主祭神 : 菊理媛命・伊弉諾尊・伊弉冉尊
■創建 : 文亀年間(1501-1503)

県道74号、川島町から坂戸市方面に越辺川に架かる天神橋を渡った場所から川沿いに700メートル北へ向かうと鎮座しています。道が狭いですが、鳥居脇に駐車は出来そうです。

真後ろに越辺川が流れていて、水害にあった事があるらしいです。そんな事は感じさせないのどかな神社。

st86_01tm.jpg
神社全体像。

st86_02tm.jpg
貴に覆われていて分かりにくいですが拝殿。

st86_03tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

st86_04tm.jpg
境内社、八坂神社。

創立については社記は文亀年間と伝え、『風土記稿』によると村の鎮守であり、本地仏は十一面観音の彫った銅の華鬘であった。ただしこれは現存していない。祭神は菊理媛命・伊弉諾尊・伊弉冉尊の三柱である。
別当は修験明王院であったが、これは本山派修験か当山派修験か明らかではない。しかし村内にあって村人のために諸祈祷を修していた事は伝えられている。
(中略)
明治初めの神仏分離により別当は廃され、明治5年には古くから村鎮守であった事により村社となった。



参考 : 『埼玉の神社』

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。