白い参拝記 さいたま市南区

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文蔵神明社 【文蔵4丁目】

旧浦和市。

大谷場氷川神社西側の路地を600メートル程南下すると鎮座。途中一方通行があるので車では回り道が必要です。鳥居脇に駐車スペースがありました。

st91_01tm.jpg
白い大きな鳥居が特徴。

st91_02tm.jpg
拝殿。

そこそこ大きな神社なのに由緒等は不明です。白幡にある睦神社に文蔵村鎮守の神明社が合祀されていますが、それと同一の社でしょうか?書類上のみの合祀、あるいは独立して戻ってきたのか・・・。

st91_03tm.jpg
st91_04tm.jpg
境内社に文蔵白山神社(祭神:白山比咩神)。

st91_06tm.jpg
神社裏には白山公園。
st91_05tm.jpg
神明公園でないのが謎です。
スポンサーサイト

大谷場氷川神社 【南本町1丁目 (旧 大谷場字一ッ木)】

■主祭神 : 素戔嗚尊
■創建 : 不詳

旧浦和市。

JR京浜東北線『南浦和駅』の西口ロータリーを出た交差点付近の小高い丘の上に鎮座。南浦和駅の西口は埼玉の高級住宅地ですが、そこを見降ろすように鎮座しています。駅前のコインパーキングを利用。

st90_01tm.jpg
階段を上るとその姿が見えてきます。

st90_02tm.jpg
st90_03tm.jpg
さいたま市の有形文化財の立派な社殿も良いですが、やはりこの神社の特徴は狛犬ならぬ”狛雉”。かなりインパクトがあります。狛兎のいる調神社から1キロも離れていないので両方セットで楽しめます。

st90_04tm.jpg
拝殿。

st90_05tm.jpg
案内板。

st90_06tm.jpg
明治41年3月9日に大谷場字小池下の白山神社(祭神:伊弉冉命)を合祀した事が分かります。

大谷場は、かつて一面に畑地が広がっていた。そのころは、当社は椚林に包まれた清閑な社で、この杜には、古くから雉子が棲みついており、昭和20年ごろまでは、ここに足を踏み入れると雉子がパタパタと飛び出してきた。そのため、氏子の間では「雉子は氷川様のお使い」といわれ、当社の通称も「雉子の氷川様」という。
(中略)
当社は、明治6年に村社となり、同41年に地内にあった八幡社・市杵島社・天神社・白山神社・稲荷社(二社)・御嶽社の計7社の無格社を合祀した。


参考:『埼玉の神社』
相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。