白い参拝記 取手市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【白山2丁目】

■主祭神 : 素盞鳴命
■創建 : 天正18年(1591)

国道6号「白山前」交差点から北西の商店街へ100メートル程進んだ「弘経寺」の境内に鎮座。お寺の駐車場をお借りしました。取手駅から徒歩で800メートル程なので徒歩でも参拝できます。

ib32_01tm.jpg
弘経寺山門。

ib32_02tm.jpg
山門を入った北側にひっそ小さな祠が鎮座。

ib32_03tm.jpg
「白山」と言う地名の元になった神社とは思えない位の小さい祠の神社。

参考サイト : 『新四国相馬霊場88ヶ所を巡る会

スポンサーサイト

白山神社 【野々井】

■主祭神 : 伊弉諾尊
■創建 : 養老2年(718)

「取手市立野々井小学校」西側の路地を北西方面に500メートル程進むと鎮座しています。神社東方面に駐車スペースありです。

ib31_01tm.jpg
神社入り口。

ib31_02tm.jpg
石造りの二の鳥居。

ib31_03tm.jpg
拝殿。平成21年9月に改修されました。とても奇麗で豪華です。

ib31_04tm.jpg
神社名額。

ib31_05tm.jpg
末社群。

ib31_06tm.jpg
神社案内板。

ib31_07tm.jpg
社殿竣工記念碑。

ib31_08tm.jpg
石段から外を眺める。

養老2年創建。境内広く鬱蒼。新四国相馬第62番豫州一の宮与霊場として著名。明治5年8月17日村社に列格。同41年11月同字大杉、厳島、同42年12月同字雷、熊野、鹿島、大正4年5月同字内稲荷、同6月、神明格社を合併。昭和27年8月12日宗教法人設立。


参考 : 『茨城県神社誌』/茨城県神社誌編纂委員会編(1973)

白山神社 【寺田】

■主祭神 : 白山姫命
■創建 : 寛文3年(1663)

県道130号沿いにある宗仁会病院の北側の信号を北東へ1.4キロ程進むと鎮座しています。田んぼの真ん中に島のように鎮座。神社脇に駐車が出来ます。

ib30_01tm.jpg
神社入り口。

ib30_02tm.jpg
鳥居。

ib30_03tm.jpg
拝殿。とても奇麗にお手入れされています。

ib30_04tm.jpg
神社名額。

ib30_05tm.jpg
境内社、三峰神社。

ib30_06tm.jpg
遷宮記念碑。平成12年7月に改築されたようですね。

ib30_07tm.jpg
拝殿より境内を眺める。

大正2年寺田八幡神社に合併したが、昭和22年6月23日分離独立。同27年8月12日宗教法人設立


参考 : 『茨城県神社誌』/茨城県神社誌編纂委員会編(1973)

白山神社 【小文間字戸田井】

■主祭神 : 伊弉諾命
■創建 : 不詳

利根川と小貝川の合流地点にある取手松陽高校の北側にある森の中に鎮座。県道11号線沿いですが、通りからは全く見えません。車一台ギリギリ通れるような小道を行かなければなりません。

とくに僻地にある訳でもないのに生い茂った森の中に鎮座する為、秘境にある神社の様な佇まい。妙な迫力があります。

ib12_01tm.jpg
神社入り口。

ib12_03tm.jpg
少し急な石段を登る。

ib12_02tm.jpg
拝殿。

ib12_04tm.jpg
境内社、天満宮。

ib12_05tm.jpg
境内には新四国相馬八十八ヵ所霊場の十六番と六十四番があります。

ib12_06tm.jpg
案内板。
「抑々、當山は東谷寺末として享保7年(1722年)東谷寺中興開山第一世祐賢の室永信により中村家一族の菩提寺として開山され水白山西光院と号し、白山神社を鎮守となす。」とあります。その後神仏分離により東谷寺より独立しました。

創建年月不詳。明治6年5月村社に列格、同42年4月天満神社合併。昭和27年9月20日宗教法人設立。


参考 : 『茨城県神社誌』/茨城県神社誌編纂委員会編(1973)

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。