白い参拝記 古河市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【関戸字坪ノ内】

■主祭神 : 白山比咩命(菊理姫命)
■創建 : 元禄年間(1688~1703)

旧猿島郡総和町。

下宿の白山神社付近の小堤交差点を南に800メートル程行った先の路地を東に入った先、または総和北中学校の300メートル南の位置に鎮座。駐車スペースはありません。

ib21_01tm.jpg
神社入り口。

ib21_02tm.jpg
鳥居をくぐった所から。

ib21_03tm.jpg
平成22年の9月に新しく造られたピカピカの社殿。とても奇麗です。参拝時は22年12月でしたので新築3カ月程でした。それほど大きくないですが、灯篭や狛犬の時代も新しく、地域の信仰の厚さを感じます。

ib21_04tm.jpg
境内社。

ib21_05tm.jpg
拝殿から外を眺める。

元禄年間の創建。明治6年4月村社に列格。昭和27年12月1日宗教法人設立。


参考 : 『茨城県神社誌』/茨城県神社誌編纂委員会編(1973)


スポンサーサイト

白山神社 【小堤字下宿】

■主祭神 : 白山比咩命・伊弉諾命・伊弉冉命
■創建 : 不詳

旧猿島郡総和町。

小堤小学校の北西50メートル程、もしくは国道125号の小堤交差点付近のタイヤガーデン裏手の住宅の陰に鎮座しています。路地からはその姿を確認するのが難しいです。私道の様な道に入り、民家の半敷地的な場所の先に鎮座しています。「小堤集会所」併設ですが、車での参拝は無理です。

ib20_01tm.jpg
神社は民家に囲まれた位置に鎮座しています。

ib20_02tm.jpg
神社入り口。

ib20_03tm.jpg
集会所と一体型の社殿。珍しいタイプです。

ib20_04tm.jpg
鳥居脇から外を眺める。


創建年代不詳。明治6年村社に列格。昭和27年12月1日宗教法人設立。同46年氏子の浄財をもって社殿造営。


参考 : 『茨城県神社誌』/茨城県神社誌編纂委員会編(1973)

白山神社 【中田根瓦】

■主祭神 : 菊理姫命
■創建 : 昭和22(1947)年

中田の白山神社からさらに300メートル程進むとまた鎮座しています。こちらも住宅地の狭間に鎮座しています。中田の白山神社からは近距離ながら氏子は全く違う方々の名前が見られます。

ib19_01tm.jpg
神社入り口。中田の白山社より小ぶりな感じ。こちらも北東向きの神社なので逆光がきつくて撮影し辛い・・・。

ib19_02tm.jpg
拝殿。

ib19_03tm.jpg
境内社、稲荷神社。

ib19_04tm.jpg
拝殿から境内を見渡す。

ib19_05tm.jpg
ちなみに、道路から見るとこのような感じ。住宅地に完全に溶け込んでいます。

昭和22年5月28日創祀。昭和27年12月1日宗教法人設立。



参考 : 『茨城県神社誌』/茨城県神社誌編纂委員会編(1973)

白山神社 【中田】

■主祭神 : 菊理姫命
■創建 : 昭和22(1947)年

国道4号が利根川を渡る利根川橋付近の中田町交差点から南東400メートルほどの住宅地に鎮座。ごく普通の住宅地に姿を現します。駐車スペースはありません。この日は東武日光線『栗橋駅』より自転車で越境して来ました。

ib18_01tm.jpg
神社入り口。

ib18_02tm.jpg
拝殿。北東向き社殿の為逆光で撮影し辛かったです。

ib18_03tm.jpg
末社もそれぞれ丁寧に祀られています。稲荷神社の狛犬が妙に大きいのが気になります。
境内にある新し目の改築記念等の記念碑は何れも「白山神社」の名は無く、「稲荷神社」の名前で刻まれています。白山よりも稲荷神社としての信仰が厚いのかもしれません。

ib18_04tm.jpg
境内社。何を祀っているかは不明。脇に小さな水神宮。

ib18_05tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

昭和22年5月26日創祀。昭和27年12月1日宗教法人設立。


参考 : 『茨城県神社誌』/茨城県神社誌編纂委員会編(1973)

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。