白い参拝記 ■茨城県

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白旗神社 【平須町】

水戸市植物公園東側の駐車場南西に1.5キロほど進んだ住宅地に鎮座。植物公園から自転車で参拝しました。

IB033_01tm.jpg
神社入り口。

IB033_02tm.jpg
拝殿。

IB033_03tm.jpg
末社。

IB033_04tm.jpg
鳥居近くにあった馬頭観音。昭和59年の新しいものと年代不明の古いもの。旧地名の「田向」の文字が見える。

資料より引用

江戸浅草弾左衛門の支配下にあった関東や奥州のえた集団内においては、その影響により白山神社が多く分布しているが、水戸領の場合も江戸初期にその支配下にあったためか五兵衛の屋敷内に白山権現が祀られていた。

前述の天明八年(1788)の五兵衛の勧化を知らせる触書の中に「居屋敷内勧請置候白山権現社頭破壊同様ニ相成候」とあったが、近世後期には、皮多集団の精神的結束の象徴として白山権現への信仰が強まっていたと考えられる。天保地検の際には、田向井の五兵衛屋敷の側に移され、安政7年(1860)には白旗宮と呼ばれていたが、なぜ白山権現が白旗宮に改称されたのであろうか。

斉昭は天保14年(1843)12月、寺社改革を行い、唯一神道をもととした神仏分離、一村一社鎮守とし、氏子性を設けた。平須村の鎮守とされたのは稲荷神社であるが、それとは別に田向井坪内の共同の神社とし、白山権現を改め白旗宮つまり白旗神社とした。権現とは仏が人々を救うために神に姿を変えてこの世に現れたもので、神仏習合であった。そこで、権現を止めるとともに、神社名も白山ではなく白旗に変えたのであろう。


まとめると、この地を支配していた平須村皮多頭五兵衛の屋敷には江戸初期まで浅草弾左衛門の支配下であった事を象徴する白山神社が祀られていたけれど、徳川斉昭による仏教弾圧の流れで信仰を白山権現から白旗宮にしたと言う事でしょうか。

少々無理がある説ですが、個人的には弾左衛門の支配下ではないと言う主張と、稲荷神社に合祀されていないと言う事もあり、五兵衛や田向井の住民の独立心の強さを象徴していた神社なのではと考えています。


参考 : 『幕末水戸藩と民衆運動-尊王攘夷運動と世直し』
/高橋裕文 編(2006)
スポンサーサイト

白山神社 【谷田部】

国道345号線、谷田部診療所向かいのセブンイレブン脇の路地を800メートルほど進んだあたりに鎮座。関東鉄道「下台町」バス停付近です。私道のような狭い路地にあるので車での参拝は出来ません。すぐ近くのエッソで給油がてらに参拝しました。


IB029_01tm.jpg
神社全体像。本殿のみの小さな神社です。

IB029_02tm.jpg
中には白山神社の石祠。
文字が隠れていますが明治年間の物のようです。


白山神社 【布川字谷原】

■主祭神 : 伊弉冉命
■創建 :享保2年(1717)

利根町役場を東方面に800メートル程行くとヤオコーやマツキヨのある交差点があります。そこの新しい道を南側に進み、池のある公園を過ぎたあたりで東に行くと鎮座しています。(分かりにくい説明ですが、実際行くと本当に分かりにくい)

この日は役場の駐車場をお借りして自転車で参拝しました。

ib05_01tm.jpg
神社全体像。小さな神社です。

ib05_02tm.jpg
鳥居。

ib05_03tm.jpg
拝殿。小ぶりですが、とても大切に祀られています。


■ おまけ
白山神社から北西に2キロ程、押上新田にある「鶴殺し山」と呼ばれる処刑場跡付近にも寄りました。延宝5年に鈴木佐左衛門という男が病気の妻の為に鶴を捕まえて食べさせた為、家族10人が打ち首になった事件があったのでその名がつきました。

事件に関してはこちらのサイトに詳しいです。

佐左衛門を供養する為に作られた「泪塚」。
ib05_04tm.jpg

ib05_05tm.jpg

ib05_06tm.jpg
文化元年にここを訪れた一茶が残した句。

ib05_07tm.jpg
処刑場があったであろう辺りは今は田んぼになっているようで名残はありません。

参考 : 『茨城県神社誌』/茨城県神社誌編纂委員会編(1973)

香取神社 【伏木字宮下一】

■主祭神 : 経津主命・誉田別命
■創建 : 1318-1339

ib22_01tm.jpg
神社入り口。

ib22_02tm.jpg
拝殿。

ib22_03tm.jpg
境内社、浅間神社・八坂神社。

ib22_04tm.jpg
境内社、白山神社。

ib22_05tm.jpg
白山神社の祭神は菊理媛神。

人皇96代後醍醐天皇の御代、下総国香取神宮の御分霊を伏木村字大木に勧請しその後、後円融院の御宇、永徳3年9月9日大木より字馬場に遷座。寛文2年8月22日再興。宝永4年12月5日本殿造営正遷宮(別当成就院俊海当所佐怒賀太郎兵衛外)明治の末期まで毎年9月9日濁酒を献饌、氏子一同拝戴した。大正元年11月15日村社に列格。大正3年12月10日供進指定、昭和10年4月17日本殿、拝殿改築。同27年11月24日宗教法人設立。


参考 : 『茨城県神社誌』/茨城県神社誌編纂委員会編(1973)

八坂神社 【元栗橋】

■主祭神 : 素戔嗚命
■創建 : 不詳

権現堂川に架かる舟渡橋の南東位置に鎮座。川沿いの通りから一つ奥の舗装されていない路地を行くと鎮座しています。栗橋城址の南側でもあります。民家の入口でもあるので車では参拝できません。橋を渡った幸手市側に権現堂公園の駐車場があります。

ib17_01tm.jpg
神社入り口。

ib17_02tm.jpg
拝殿。向かって右側が稲荷社(保食命)、左側が白山社(伊弉冉命)

ib17_03tm.jpg
白山社をアップで。

ib17_04tm.jpg
神輿新調記念碑。

ib17_05tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

不詳。徳川将府五石の朱章を奉る。昭和27年11月24日宗教法人設立。


参考 : 『茨城県神社誌』/茨城県神社誌編纂委員会編(1973)

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。