白い参拝記 さいたま市中央区

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【八王子字白山】

■主祭神 : 菊理姫命・伊弉諾命・伊弉冉命
■創建 : 不詳

旧与野市。

JR埼京線『与野本町駅』より西に1.5キロ程の住宅地に鎮座。淑徳与野高校から南へ300メートル程の場所です。住宅地で駐車スペースはありませんが、近くにある八王子公園の駐車場を利用できます。


st42_01tm.jpg
神社全体像。公園併設。

st42_02tm.jpg
本殿。

st42_03tm.jpg
本殿横から。

st42_04tm.jpg
本殿から境内を眺める。

st42_05tm.jpg
ちょうど、合祀社の社殿を建てていました。作業の邪魔になるので近くの石祠や石碑は見られませんでした。小さいけれど立派なので、何を祀る社か気になったので調べると、獅子宮のようです。

夏祭りは、末社の獅子宮の祭礼で、天王様あるいは獅子祭りとも呼ばれる。氏子は特に五穀豊穣と疫病退散を祈願するとともに、家では赤飯や収穫したばかりの新小麦で饅頭を作り祝う。獅子宮は神輿を本社とし、これには「昭和4年4月吉日 川崎住 岸澤金次郎 齢七十六才」の墨書がある。更にこの神輿の中には頭頂部に金の宝珠を関した獅子頭を奉安しており、その眼光はまことに鋭い。昔から気性が強い獅子で、よく他村の獅子と喧嘩をしては耳をかまれたとの伝説がある。

白山よりこちらの獅子の方に興味をそそられますね・・・。

参考:『埼玉の神社』

スポンサーサイト
相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。