白い参拝記 ふじみ野市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【川崎字台】

■主祭神 : 伊邪那美命
■創建 : 不詳

旧上福岡市

東武東上線『上福岡駅』より県道335号を北東の方向に2キロ程進んだ新河岸川沿いに鎮座。

サイゼリアの裏の小高くなっている路地(昔の堤防かな)を北に向い、突き当たりにある私道っぽい細い道を川に向かうとたどり着きます。途中民家の敷地ではないかという場所を通らなければならないので迷惑がかからぬように参拝しましょう。
当然駐車スペースは無いので市役所から歩いてくるか、サイゼリアでランチがてら参拝しましょう。(自分は市役所から自転車でしたが、道が狭いので自転車ですら気を使いました。)

st35_01tm.jpg
神社入り口・鳥居。

st35_02tm.jpg
拝殿。

st35_03tm.jpg
拝殿の中を覗いてみる。

st35_04tm.jpg
末社、左:稲荷社、右:八坂社

st35_05tm.jpg
末社、水天宮

st35_06tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

st35_07tm.jpg
境内にある「石鳥居由来記」。
刻まれている文章を引用しました。
この石鳥居は古典による所謂住吉型である 明治二十四年東京浅草篠原善次郎氏の寄進に依って建立されたものである 蓋し敬神の誠意の表現であろう 当時地方の神社には石の鳥居は極めて少く春秋の社日参の善男善女は石の鳥居を七つ潜ると七難を免れると云ふ巷間の伝説から参詣人で賑わった 偶々大正十二年九月一日関東大震災は地方一帯を襲ひ一瞬にして鳥居の笠木を落としたので修理した その後地盤の弛み等から危険を感ずるに至ったので昭和四十七年一月社殿と共に修理されたその特鳥居の沓石の下から東京浅草新町武蔵屋善次郎天保十五申辰歳二月吉祥日と記された沓石が発掘されたこの沓石の型態等より考察するに此の鳥居は最初木造を前記同人が寄附し明治二十四年腐朽するに及び再度の寄進が現在の住吉型の石の鳥居であることを創造するに難くない今や国を挙げて古代文化の調査研究の必要が叫ばるるの時沓石が語る篠原善次郎氏の奇篤な行為に感謝し併せて敬神崇祖の美徳を讃じ略記を録し之を後世に伝へむとするものである 
 昭和四十七年十月十五日 文責上福岡市郷土文化研究会長岸澤忠次 崇拝者一同 敬白


この碑からは、浅草新町(現在の今戸ですね)の白山神社との繋がりが想像できますし、獅子宮の墨書から与野八王子の白山神社との繋がりも想定できます。浅草新町とは新河岸川→隅田川の水路で交流があったのでしょうか。

当社は江戸後期に開設された福岡河岸に近く、辺りは河岸場のため回漕店や料理屋、船頭の履く足袋・股引の専門店があり、大正初期まで大変なにぎわいであったというが大正末期の河川改修により河岸の歴史も閉じられ、今ではただ、屋敷や土蔵のたたずまいに往時がしのばれる。
『風土記稿』に当社は元、福岡村治右衛門の持ちで、治右衛門が当地に移ると共に移転した事を載せる。その年代については明確に出来ないが、元禄年中の『川崎村屋敷検知水帳』にみえることから、このころには当地に鎮座していた事がわかる。
川崎には当社と氷川神社があり、由来は不明であるが『風土記稿』に「風俗は重陽の佳節を一五日に祝ふを常とす」とあり、現在も月遅れの10月15日が両社の祭日となっている。
当社の祭神は伊邪那美命で、一間社流造りの本殿に白幣を祀る。
境内には末社の八坂神社・稲荷神社・水天宮の小祠と、社前の柊に注連縄を巡らせ、これを大六天と称している。
祀職は古くから星野家があたり、現在、星野一雄が務めている。

st35_08tm.jpg
回漕問屋「福田屋」の跡地、福岡河岸記念館。
上福岡の星野家、と言うと福田屋の星野仙蔵が真っ先に思い浮かぶけれど、その星野家の関係者なんでしょうか。白山神社参拝の後、福田屋の跡地である「福岡河岸記念館」にも寄りましたが朝早い時間であった為、まだ開館してませんでした。がっかり。


参考 : 『埼玉の神社』


女優力 星野真里 [DVD]
女優力 星野真里 [DVD]
ビデオメーカー 2010-04-28
売り上げランキング : 72768


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


星野真里の地味な生活
星野真里の地味な生活星野 真里

朝日新聞出版 2010-07-20
売り上げランキング : 196943


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。