白い参拝記 坂戸市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲荷神社 【成願寺】

坂戸市立若宮中学校の北側にある成願寺の西側に隣接する形で鎮座。駐車スペースありです。

st137_01tm.jpg
神社入り口。

st137_02tm.jpg
茅葺き屋根が美しい拝殿。

st137_03tm.jpg
末社、向かって左が白山社、右が天神社。

st137_04tm.jpg
白山社。

st137_05tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

スポンサーサイト

坂戸神社 【日の出町】

■主祭神 : 白髪武広国押雅日本根子天皇・猿田彦命
■創建 : 貞観年代(860)

東武東上線『坂戸駅』北西400メートル程の場所に鎮座。駐車スペースはありません。

st136_01tm.jpg
神社入り口。

st136_02tm.jpg
二の鳥居。

st136_03tm.jpg
拝殿。

st136_04tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

st136_05tm.jpg
案内板。

当社は元坂戸に鎮座していた白髭神社を明治五年に村社とし、同一七年に字日枝前の日枝神社に移転し、同時に稲荷前の熊野神社、堀ノ内の諏訪神社、天神前の天神社を合祀した。
更に明治四〇年に上吉田の村社諏訪神社、粟生田の村社稲荷神社・白山神社・諏訪神社・天神社・八坂神社を合祀し、坂戸神社と改称し成立した社である。


参考 : 『埼玉の神社』

神明神社 【中小坂字神明】

■主祭神 : 天照皇大御神
■創建 : 不詳

県道256号沿いにあるファミリーマート坂戸中小坂店から東へ100メートルほど行った場所にある路地を北に200メートル程進むと鎮座しています。この日は鶴ヶ島駅から自転車で来ました。駐車場が無いので車では参拝しにくいかもしれません。

st103_01tm.jpg
神社入り口。

st103_02tm.jpg
参道の途中に鳥居。

st103_03tm.jpg
拝殿。

st103_04tm.jpg
境内社、八坂神社・天満天神宮。

st103_05tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

風土記稿』中小坂村の頁には「天照太神春日八幡相社 村の鎮守なり、村内慈眼寺持」と載せ、内陣には雨宝童子像、春日大明神像・八幡大明神とそれぞれに祭神名を記す神鏡三面を安置している。なお、神鏡には「正徳三癸巳建立」の墨書が見られる。また、大昔は神明様一柱だけであったという口碑がある。
(中略)
明治5年に村社となり、同9年には慈眼寺境内の津島神社、同40年には字原の白山社、字中戸の愛宕社・同境内社の浅間社・字滝の稲荷社を合祀したが、このうち津島神社と白山社はそのまま社殿が残り、祭りも続けられている。


字原付近を散策しましたが、白山社の社殿は見つけられませんでした。もう無くなってしまったのでしょうか?神社らしきものは「中小坂集会所」内の名無しの祠のみ。これが白山社なのでしょうか?因みに川越市小堤の白山神社とは隣接した場所にあります。

st103_06tm.jpg
字原の中小坂集会所敷地内にある名無しの祠。


参考 : 『埼玉の神社』

勝呂神社 【石井字勝呂】

■主祭神 : 菊理姫命・伊弉諾尊・伊弉冉尊
■創建 : 崇神天皇の時代(前97-前30)、寛和二年(986)白山比神社勧請


県道256号「石井下宿」交差点付近のローソン脇の路地を東に500メートル程進むと鎮座しています。鳥居脇に駐車場併設。

st87_01tm.jpg
神社入り口。

st87_02tm.jpg
古墳の上、階段を上るとすぐ拝殿。真正面からは撮影できず。

st87_03tm.jpg
神社名額は白山本宮白山比神社宮司謹書。

st87_04tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

st87_05tm.jpg
神社案内板。

当社は『風土記稿』に「社地は墳墓の如し、高さ五間許、思ふに往昔勝呂氏の祖先の墳墓にてもあるか、今伝へなければ詳ならず」とあるように、勝呂神社古墳の墳丘上に祀られており、境内には老松・老杉が繁茂し、神さびた雰囲気を醸し出している。
社記では当社の創建について次のように伝えている。
崇神天皇の時代に四道将軍となった建渟河別命は東夷平定にあたり、この地を本拠に活動した。命は、その功を遂げると都へ戻ったが、後年再び来住して、村人たちの文化を高めた。命が薨ずると、村人たちは広大な陵墓を築き、東北鎮護の神としてここに命を奉斎した。これが今日の勝呂神社古墳である。
寛和2年、命の陵墓の上に北陸鎮護の神として知られる加賀の白山比神社の分霊が祀られ、里人に厚く信仰されるようになっていった。
その後、鎮守府将軍として奥州の逆徒追討に向かった源義家は、建渟河別命の誇示に倣い、当社に参拝して戦勝を祈念したところ、霊験あり凱陣に報賽し、延喜5年に社領を定めたという。
武蔵七党の村山党に属した須黒(勝呂)氏は、鎌倉時代には『吾妻鏡』に名を残す程の勢力となっていた。とりわけ須黒太郎恒高は、当社を氏神として熱く信仰し、社領を加増するとともに、健保元年に社殿を再栄し、社号を勝呂白山権現に改めた。
(中略)
明治に入り、社号を白山神社と改め、石井村の村社となり、明治42年には地内の無格社15社を合祀したのを機に社号も古来の地名をとり勝呂神社として現在に至っている。

因みに「毎年4月1日に、春祈祷と称して、上尾市平方から借りてきた獅子頭を持ち、氏子区域を一巡して厄祓いをする行事もある」とあります。ここでも出てきた八枝神社の獅子頭。

参考 : 『埼玉の神社』


白山神社 【赤尾字雲谷】

■主祭神 : 菊理媛命・伊弉諾尊・伊弉冉尊
■創建 : 文亀年間(1501-1503)

県道74号、川島町から坂戸市方面に越辺川に架かる天神橋を渡った場所から川沿いに700メートル北へ向かうと鎮座しています。道が狭いですが、鳥居脇に駐車は出来そうです。

真後ろに越辺川が流れていて、水害にあった事があるらしいです。そんな事は感じさせないのどかな神社。

st86_01tm.jpg
神社全体像。

st86_02tm.jpg
貴に覆われていて分かりにくいですが拝殿。

st86_03tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

st86_04tm.jpg
境内社、八坂神社。

創立については社記は文亀年間と伝え、『風土記稿』によると村の鎮守であり、本地仏は十一面観音の彫った銅の華鬘であった。ただしこれは現存していない。祭神は菊理媛命・伊弉諾尊・伊弉冉尊の三柱である。
別当は修験明王院であったが、これは本山派修験か当山派修験か明らかではない。しかし村内にあって村人のために諸祈祷を修していた事は伝えられている。
(中略)
明治初めの神仏分離により別当は廃され、明治5年には古くから村鎮守であった事により村社となった。



参考 : 『埼玉の神社』

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。