白い参拝記 朝霞市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮戸神社 【宮戸4丁目】

■主祭神 : 面足尊・伊弉諾尊・伊弉冉尊・倉稲魂尊・高良玉垂姫命
■創建 : 不詳


JR武蔵野線『北朝霞駅』から北へ1キロほどの場所に鎮座。新河岸川を渡るとすぐ志木市になります。泉水から自転車で来てしまいましたが、駐車スペースは無いようです。

st78_01tm.jpg
神社入り口。

st78_02tm.jpg
拝殿。

st78_03tm.jpg
境内社、いずれも稲荷神社。境内社にはすべて神社名のプレートが付けてあり、分かりやすくなっています。

st78_04tm.jpg
こちらも境内社。弁天神社、水神社、白山神社、日王子神社等。

st78_05tm.jpg
白山神社をアップで。

st78_06tm.jpg
神社案内板。

当社は『風土記稿』宮戸村の頁に「熊野社 除地一段五畝、村の中央にあり、鎮座の年歴詳ならず、当社の惣鎮守なり、村内法蔵寺持」と載る。
(中略)
明治初年の神仏分離により別当から離れた当社は、古来宮戸村の鎮守であった事から村社に列せられた。しかし、明治40年に当社は田島の村社神明社と共に浜崎の村社氷川神社に合祀され、三社の村社にちなんで三柱神社と命名された。
(中略)
戦後の混乱もようやく収まった昭和31年、念願であった三柱神社からの熊野神社の返還を受け名実共に再興を果たした。
この時、宮戸地内から駒形神社が本殿に、日王子神社・白山神社・稲荷神社などが境内に合祀された。駒形神社の旧地は宮戸町会館の敷地で、『風土記稿』に「駒形権現社 除地一段十五畝、字駒形にあり、本地正観音にして垂迹は詳ならずと云、今或いは高麗方権現ともかけり、是も法蔵寺持」とある。


参考 : 『埼玉の神社』

スポンサーサイト

白山神社 【泉水2丁目】

朝霞市水道庁舎の南150メートル程の袋小路の奥に鎮座。新座駅から自転車で参拝しましたが、駐車スペースはありません。

私道の様な道にありますが、参拝しようと近づくと近隣のオバさんが待っていた水道工事の業者と間違えて僕を家に入れようとしたので焦りました(笑

st77_01tm.jpg
私道の奥にあるので意識しないと見過ごします。

st77_03tm.jpg
小さい神社ですが、お供え物などを見ると近隣の方に愛されているのが分かります。

st77_02tm.jpg
白山神社の隣には稲荷神社。

『風土記稿』溝沼村の頁。
「白山社 除地十五歩村内北の山中にありて一間四面の祠あり。是も泉蔵寺持」とあります。周りは住宅地ですが、神社裏手は木が生い茂って少し高くなっています。昔の面影が残っているのでしょうか。


参考 : 『新編武蔵風土記稿』


相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。