白い参拝記 世田谷区

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

烏山神社 【南烏山2丁目】

■主祭神 : 白山比咩大神
■創建 : 不詳

京王線「千歳烏山駅」東側300メートル程の位置に鎮座。神社周辺は道が狭いので駅周辺のコインパーキングか駅から徒歩の参拝が良いです。

tk21_01tm.jpg
神社入り口(東側)

tk21_02tm.jpg
扁額が脇に置かれています。

tk21_03tm.jpg
拝殿。

tk21_04tm.jpg
神社名額。かつての社名「白山宮 御嶽宮」とあります。

tk21_05tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

tk21_06tm.jpg
神社入り口(北側)

tk21_07tm.jpg
北側の入口から出ると隣接の医王寺念仏堂・薬師堂があります。

tk21_08tm.jpg
神社案内板から由緒を抜粋。
当社創立年代及び古代由緒沿革等は不詳ではあるが、古来烏山村の鎮守社は御嶽神社と伝えられ、江戸幕府の行った大検地の元禄検地帳に「白山権現社地 三反二畝二八歩(988坪)村持ち」とあり、江戸末期の嘉永3年(1850)に御嶽神社を白山権現社に遷宮合祀したのとの記録もあり、古くから白山様として烏山はもとより近隣の鎮守として広く信仰を集めている。
明治6年には村社となり、明治40年には神饌幣帛料供進指定社となる。
大正7年には社殿、幣殿、拝殿、水舎、北門鳥居等の大改築が行われ、昭和7年白山御嶽神社の社号認可。昭和37年には町民氏子の大同協和をはかり、町内の神明社、稲荷社、天神社を合併合祀し、又従来の白山御嶽神社を烏山神社と改称する。


スポンサーサイト
相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。