白い参拝記 あきる野市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【戸倉字坂下】

■主祭神 :白山比咩命
■創建 : 応永元年(1394)


旧西多摩郡五日市町

戸倉運動場の県道7号(檜原海道)を挟んだまさに地名通りの向かい側の坂を下った場所に鎮座。駐車する場所が無かったので近くのキャンプ場の観光地価格な駐車場を利用・・・・。すぎの子保育園の真裏にあたります。

tk25_01tm.jpg
神社入り口。

tk25_02tm.jpg
拝殿。

tk25_03tm.jpg
神社名額。

tk25_04tm.jpg
拝殿の中を覗いてみる。

tk25_05tm.jpg
境内社、八雲神社。

tk25_06tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

『風土記稿』戸倉村より。
白山社 社地三十五歩 年貢地なり 坂下一森の中にあり 坂下農民等が持ちにて産神とせり 鎮座の年代を詳らかにせず 神体は白幣なり 社は東向きにて覆屋あり 例祭年々十一月十五日


あきる野市Webサイトにも由緒があったので引用。
「社伝によれば応永元(1394)年11月加賀国白山権現の分霊を勧請したもので、長禄3(1459)年戸倉城主小宮上野介憲明が社殿を再建した。また、天正年間(1573~92)には木住野大炊助が社殿を再建している。祭神は白山比咩命。」

手水鉢にも刻まれていた「木住野」という姓が読めないので調べてみると”きしの”と読み、やはりあきる野市に多い苗字のようです。

参考 :
『新編武蔵風土記稿』
あきる野市Webサイト「あきる野市神社一覧」

スポンサーサイト
相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。