白い参拝記 高崎市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山神社 【八幡原町字北川久保】

国道354号「八幡原交差点」から西に250メートル程進んだ辺りの路地を北に行くと鎮座。井野川を渡った場所にある群馬の森公園の駐車場をお借りし参拝。

gm51_01tm.jpg
下斎田古墳群の白山神社古墳と言う、削られた古墳跡地だそうです。

gm51_02tm.jpg
空き地の隅に石仏等がひっそりと置かれています。

gm51_03tm.jpg
かつては盛り上がった古墳の上に鎮座していたのでしょうか。

gm51_04tm.jpg
大きめの庚申塔。

gm51_05tm.jpg
その中に白山神社と思われる石祠。バラバラになった石板から辛うじて「白山」の文字だけは読むことができました。

gm51_06tm.jpg
石板をPhotoshopで合成してみる。パーツがこれで足りているのかも分からないし、文字も崩した書体の為読み取る事が出来ませんでした・・・。

参考 : 『埼群古墳館

スポンサーサイト

赤城若御子神社 【箕郷町柏木沢】

■主祭神 : 大日霊命・大穴牟遅命・豊木入日子命・大山津見日子命
■創建 : 不詳

旧群馬郡箕郷町。

県道26号の榛東村との境にある貯水池脇の路地を南東に300メートル程進むと入口が見えてきます。駐車スペースはありません。神社脇の路地は交通量が殆どないので置かせてもらい速やかに参拝。

gm33_01tm.jpg
神社入り口。

gm33_02tm.jpg
拝殿。

gm33_03tm.jpg
神社名額。

gm33_04tm.jpg
末社群。

gm33_05tm.jpg
拝殿から境内を眺める。

『神社明細帳』より。
上野国西群馬郡柏木沢村字向瀧

 無格社 白山神社

1、祭神 菊理比咩神
1、由緒 不詳

「大正14年11月20日許可、同村字本田無格社赤城若御子神社へ合併」


向瀧がどの辺りかは良く分かりませんが、氏子総代の姓を見ると、相馬ヶ原演習場の南東、柏木沢でも飛び地に当たる辺りに多く見られる姓なのでその辺りかもしれません。

参考 : 『上野国神社明細帳』/丑木幸男 群馬県文化事業振興会 編(2009)

浅間神社 【中里見町】

■主祭神 : 木花咲耶姫
■創建 : 不詳

旧群馬郡榛名町。

国道406号線沿いの「ほっともっと」の向かいの路地、というか坂を300メートル程西へ進んだ梅林の中に鎮座しています。

訪れたのが2月中旬で梅の見頃には一歩早かったようです。
梅の花が全開の頃のこの神社の風景は素晴らしいものでしょう。

gm35_01tm.jpg
神社入り口。

gm35_02tm.jpg
拝殿。

gm35_03tm.jpg
末社。

gm35_04tm.jpg
神社案内板。

『神社明細帳』より。
上野国碓氷郡中里見村字川原

 無格社 白山姫神社

「明治42年8月24日許可、仝村字猪毛山無格社冨士浅間神社へ合併、仝時ニ村社浅間神社と改称セリ」」

1、祭神  伊邪那美命
1、由緒 不詳


参考 : 『上野国神社明細帳』/丑木幸男 群馬県文化事業振興会 編(2009)

金古諏訪神社 【金古町】

旧群馬郡群馬町。

県道6号沿い、金古小学校向かいの路地を北に行くとすぐに鎮座しています。駐車スペースはありますが参拝時はチェーンが架かっていました。

gm34_01tm.jpg
神社入り口。

gm34_02tm.jpg
拝殿。

gm34_03tm.jpg
とても奇麗に手入れされた神楽殿。

gm34_04tm.jpg

gm34_05tm.jpg
境内には数多くの末社。全てに名前が掲示されていますのでとても分かりやすいです。

gm34_06tm.jpg
拝殿から境内を眺める

『神社明細帳』より。
上野国西群馬郡金古駅字如来

 無格社 白山神社

「明治42年許可、同村字諏訪村社諏訪神社へ合併」」

1、祭神 菊理比咩神
1、由緒 不詳

字如来は、金古交差点から県道25号を700メートル程南下したドラッグストアあたりだと思われます。

参考 : 『上野国神社明細帳』/丑木幸男 群馬県文化事業振興会 編(2009)

倉賀野神社 【倉賀野町字上町】

■主祭神 : 大国魂大神
■創建 : 不詳

JR高崎線『倉賀野駅』北西700メートル程の位置に鎮座。県道121号に看板があるので迷わず行けます。駐車場も南側にありです。

倉賀野宿の総鎮守で立派な神社。検索すれば詳しく知ることができるので詳細は割愛。
gm32_01tm.jpg
神社入り口。

gm32_02tm.jpg
拝殿。

gm32_03tm.jpg
南側の入口。駐車場から来るとこちらの入口から入る事になります。

gm32_04tm.jpg
神楽殿。

gm32_05tm.jpg
境内社、冠稲荷社。

gm32_06tm.jpg
末社。この他にも沢山の末社が祀られています。

gm32_07tm.jpg
神社案内板。

元々大国玉神社であった当神社には白山神社が合祀されています。
『神社明細帳』より。
上野国西群馬郡倉賀野町大字倉賀野駅南町

 無格社 白山神社

「明治43年1月26日許可、仝所字上町村社大国玉神社へ合併、仝時に村社倉賀野神社ト改称セリ」

1、祭神 菊理比神
1、由緒 不詳


元の場所については地元の不動産屋のサイトに「白山神社の白蛇」の伝説として掲載されています。

とても興味深い伝説です。歯の神様として信仰を集めていたようですがそこに棲む白蛇も信仰の対象になっていたようです。菊理姫神は白蛇に例えられる事があるのでとても面白いですね。

地図を見ると(以前は地図も掲載されていましたが最近見たら無くなってました)南町の白山神社の元の位置は下町交差点付近と思われます。実際に行ってみると閻魔堂(阿弥陀堂)がありました。閻魔堂の賽銭箱に書かれた奉納者名には、倉賀野神社に掲示されていた南町の氏子の主な奉納者名と同じ姓があったので閻魔堂も南町周辺の住人が祀っているのでしょう。白山三所権現の一つでもある阿弥陀は、かつてあった白山神社とは関係があるのでしょうか。気になる所です。

gm32_08tm.jpg
閻魔堂(旧 阿弥陀堂)。

gm32_09tm.jpg
下町交差点。

ちなみに、中山道と日光例幣使街道の分岐点に当たる下町交差点には文化11年(1814)の常夜灯が堂々と建っており、江戸時代の力士、雷電為右衛門や歌舞伎役者の市川團十郎などの名前が刻まれた由緒あるものだそうです。ググると詳しく調査したサイトがいくつもあるので興味ある方は調べてみると面白いかも。

参考 :
『上野国神社明細帳』/丑木幸男 群馬県文化事業振興会 編(2009)
高崎市「例幣使街道の常夜灯及び道しるべ」

相棒
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

横稲荷 稲蔵

Author:横稲荷 稲蔵
埼玉を拠点に、やみくもに白山菊理媛を追う男。歴史が苦手なくせに神社ブログを立ち上げる身の程知らず。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。